住友ゴム、中間期業績見通しを上方修正 円安で

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業は、2007年6月中間期の業績見通しを上方修正した。売上高は、2480億円を予想していたが2530億円へ上方修正した。為替が想定よりも円安で推移したため。

収益面では、為替差益に加えて、モデルミックスの改善や総原価の低減効果で、経常利益を120億円から170億円へ上方修正した。当期純利益は50億円から75億円に上方修正した。

通期の業績見通しは、中間決算公表時に修正するかを決めるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集