日野第1四半期決算…増収増益 海外販売好調で

自動車 ビジネス 企業動向

日野自動車が発表した2007年4−6月期(第1四半期)の連結決算は、当期純利益が前年同期比93.7%増の67億円と倍増した。

売上高は同4.8%増の3090億円だった。国内の新車売上げ台数は同17.1%減の9312台と大幅に落ち込んだ。ディーゼル排出ガス規制強化による特需が一巡したため。しかし、海外売上げ台数がアジアや中南米が好調で、同17.4%増の1万4493台となった。トヨタ自動車からの受託生産車も同11.6%増の1238台となり、全体の増収に結びついた。

収益では、合理化などの増益効果で営業利益は同33.5%増の98億円、経常利益はさらに円安による為替差益も加わって同77.1%増の114億円だった。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集