トヨタ年央会見 渡辺社長、3つのサスティナビリティを追求

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は23日、都内のホテルで副社長も出席する恒例の記者会見を行った。その席上、渡辺捷昭社長は今年創立70周年の節目を迎えるに当たって、「今一度、原点である『豊田綱領』に立ち返り、地球や社会の将来にわたる持続的な発展に貢献する取り組みを進めていく」と強調した。

そのキーワードとして、渡辺社長は3つのサスティナビリティをあげた。研究開発、モノづくり、社会貢献がそれだ。

その中の研究開発については、環境、エネルギー、安全への対応なくして自動車の未来はないという考えのもと、人と地球に共生できるクルマ社会、サスティナブル・モビリティの実現に向けた取り組みを進める。

具体的には、2010年代の早い時期に年間100万台のハイブリッド車の販売を実現し、プラグイン・ハイブリッドカーの開発を加速させる。さらに、2010年までにエンジンとトランスミッションを一新する。また、エネルギーについては、バイオ燃料など代替エネルギーの研究を進めていく。

そのほか、渡辺社長はモノづくり、社会貢献についてのサスティナビリティを説明し、3つのサスティナビリティついて約13分間熱弁をふるった。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集