ハミルトン、母国で初の落胆レース…イギリスGP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

イギリスGP予選でポールポジションを獲得し、母国GP優勝の期待がかかったものの3位に終わったマクラーレンのルイス・ハミルトン。連続表彰台記録を9に伸ばしたものの、今シーズン初めて落胆した表情を見せた。

「明らかに、僕らにとってベストのリザルトではない。ポールポジションだったし、もっと良い結果が得られると自信を持っていたんだ。でも初めてのホームグランプリで、第2、第3スティントで苦しみながらも表彰台は確保できたんだから、そういう明るい面に目を向けるべきだね。9戦連続表彰台はどれほどの記録かわからないけれど、すごくうれしいよ」とハミルトン。

「僕はまだまだ学習途中のドライバー。この経験から学ぶことが一番大事だ」と語っていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集