横浜ゴム、WTCCの2008-09年もワンメイク供給

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

横浜ゴムは、今シリーズに続き2008、2009年シリーズもグローバル・フラッグシップ・ブランド「ADVAN」のレーシングタイヤを「FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)」のコントロールタイヤとしてワンメイク供給すると発表」した。

同社は同レースに2006年から2年連続でタイヤ供給してきたが、同社ではADVANレーシングタイヤのハイパフォーマンス性がFIA(国際自動車連盟)の要求性能を満たしていることが評価され、今後2シリーズでの供給が決定したとしている。

WTCCはフォーミュラ1(F1)、世界ラリー選手権(WRC)に次ぐFIAの三大世界選手権で、世界最高峰のツーリングカーレース。今年は欧州9カ国のほか、ブラジル、中国(マカオ)で開催されている。同社はあらゆるサーキットでの適応性やタイプの違うエントリーカーが同等のパフォーマンスを発揮できるWTCC専用タイヤ「ADVAN A005(ドライ用)」「ADVAN A006(レイン用)」を供給している。供給タイヤのサイズはADVAN A005が240/610R17、ADVAN A006が230/610R17。

同社は、4年連続となるWTCCへのワンメイク供給を通して「世界への情報開発」と「さらなる技術革新」を図り、グローバル・フラッグシップ・ブランド「ADVAN」のコンセプトである「高技術」「高性能」をより強く訴求していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集