トヨタ、ムチ打ち障害を20%軽減---アクティブヘッドレストを開発

エコカー 燃費

トヨタ自動車は、後方から衝突された際の乗員の頸部への傷害軽減を図る「アクティブヘッドレスト」を開発し、近く発売予定の新型車を皮切りに、順次採用を拡大していくと発表した。

トヨタでは、市場での事故実態を反映した実安全性能の向上が最重要との考えから、全方位コンパティビリティ、歩行者傷害軽減ボディ、WILコンセプトシートをはじめとした衝突安全技術を進化させてきた。

今回開発したアクティブヘッドレストは、WILコンセプトシートをさらに進化させたもので、後方から衝突された際に、ヘッドレストを適切な位置に移動させることにより、乗員の頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減に寄与するもの。

具体的には、後方から衝突された際、乗員の腰がシートバックを押すことで、内蔵された機構が作動し、ヘッドレストが斜め上方に移動する。これにより乗員の頭部をヘッドレストで確実かつ素早く受け止め、乗員の頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害を軽減する仕組み。乗員の体格や乗車位置・姿勢にもよるものの、社内試験では、従来のWILコンセプトシートに対し、社内で採用の頸部傷害評価指標を10−20%程度低減できた。

トヨタでは、「サステイナブル・モビリティ」実現に向けた取り組みの一環として、モビリティ社会の究極の目標である交通事故死傷者ゼロの実現に貢献するため、安全な車両・技術開発や交通環境整備への参画、人に対する交通安全啓発活動を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集