スズキ、電動車いすを改良---航続延長など

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ、電動車いすを改良---航続延長など
  • スズキ、電動車いすを改良---航続延長など
スズキは、手動車いすに電動ユニットを装着した電動車いす『カインドチェア』を一部改良し、3日から発売開始した。

カインドチェアは、電磁ブレーキ付の高性能モーターを採用したジョイスティックレバー(操作レバー)で操作するタイプの電動車いすで、クラッチレバーの切り替えにより手動車いすとしても使用できる。

また、使い慣れた手動車いすに装着して電動化することができるホイールサイズの異なる2種類の電動ユニットも同時に改良し、発売する。

今回の一部改良では、コンパクトに折りたためるフレームを一新し、背もたれの張りを調整できるバックサポートや、肘の高さを調節できるアームサポート、左右に回転して開くフットサポートを採用したことで快適性の向上を図った。また、小型ニッケル水素バッテリーの容量を増やし、連続走行距離を伸ばした。

価格はカインドチェアAC22Aが35万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集