【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック

自動車 ニューモデル 新型車

【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
  • 【メルセデスベンツ Cクラス 新型発表】もてぎを借り切りESPチェック
新型メルセデスベンツ『Cクラス』には、クルマの操縦安定性を電子制御で行うESPが標準装備されている。Cクラスの日本導入に先がけ、ダイムラークライスラー日本は栃木県のサーキット、ツインリンクもてぎを数日間借り切り、徹底的に実走チェックを行ったという。

「期間中、全開走行で膨大なラップ数をこなしましたが、最後まで一度もコースアウトせず、トラブルもゼロでした。ESPは公道においても高いアクティブセーフティ性能を保証してくれるでしょう」(ダイムラークライスラー日本関係者)

現在、日本におけるESPの新車への装着率は10%台とまだ低い。そのような状況のなか、メルセデス・ベンツは上は高級車のSクラスからコンパクトカーのAクラスまで、全車にESPを標準装着していることをウリにしている。Cクラスもそのトレンドにのなかにあるのだ。

「ESPによるアクティブセーフティの高さだけでなく、ドライビングプレジャーの点でも旧型より大幅に進化したと、ドライビングしてみて思いました。低速では軽く、高速では手応えを増す電動パワステは、セッティングがきわめて洗練されて、俊敏なスポーティ走行もストレスなくこなせます」

ディーラーにおけるロードテストではESPの効能を試す機会はまずないが、ドライブフィールの進化はぜひチェックしておきたいポイントだ。
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集