BMWがボーイング787の内装をデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
  • BMWがボーイング787の内装をデザイン
BMW傘下のデザイン開発会社、BMWデザインワークスUSAは25日、米ボーイング社の次世代航空機『787ドリームライナー』のインテリアデザインを担当したと発表した。

といっても民間航空会社用ではなく、ボーイング社が近い将来有望なマーケットとして見込んでいるビジネスジェット用だ。プロジェクトはBMWデザインワークスUSAが、ボーイングの依頼を受けてスタートした。

機内は、オフィス、接客、リラックス、そして体力のエネルギーチャージの各機能を目的としている。デスクからはカクテルバー付きのリビングルームが見渡せ、キッチンや大画面のシネマスクリーンも装備される。スイートルームはオーナー用のほかに、2室が設置される。また階下のフィットネスルームにはサウナ付という豪華さだ。

BMWが手掛けたのを感じとることができるのはフロアである。一部にガラス張りが施され、カーゴルームに格納された車両を鑑賞することができる。

なお想定している客席数は、民間航空会社に納入される標準型が210−330席なのに対して、こちらは僅か19人である。

現段階ではレンダリングのみだが、ボーイング社は機材の多様途性をアピールするためのセールスツールとして活用するという。

ただし、たとえ熱烈なBMWファンであっても、これを手に入れるには相当な財力が必要であることは明らかだ。もうひとつ、全長約60mのガレージ(格納庫)が必要なこともお忘れなく。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集