日本精工、耐クリープ力を向上したクリープフリー軸受を開発

自動車 ニューモデル 新型車

日本精工は、クリーンルーム用ファンモーターやポンプ用モーターに使われているクリープ防止軸受の耐クリープ力、信頼性、耐油性を向上させた「クリープフリー軸受」を開発し、サンプル出荷を開始した。

ファンモーターやポンプ用モーターなどで使用される軸受は、モーター組立て上の制約から、外輪とハウジング間をすきまばめで使用されることが多く、軸受に偏心荷重が負荷された場合、条件によっては軸受とハウジング間でクリープと呼ばれるすべり現象が発生し、摩耗により軸受寿命を低下させる可能性がある。

特に、最近ではモーター軽量化のためアルミニウム製ハウジングの使用が増えてきており、熱膨張量の違いから従来の鋳鉄製ハウジングに比較すると軸受とハウジング間のすきまが増大しクリープが起こりやすいため、クリープ防止が大きな課題となっている。

今回、このニーズに対応したクリープフリー軸受を開発し、サンプル出荷を開始した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集