ブリヂストン通期業績見通し…円安で上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、2007年12月期の連結決算の業績見通しを上方修正した。売上高は3兆800億円を予想していたが、3兆3500億円に上方修正した。

為替レートが想定していたよりも円安で推移しているのに加え、米国でバンダグ・インコーポレーテッドの買収手続きが完了し、バンダグの売上高が連結したため。

収益面でも、為替差益の影響に加え、グループ挙げての販売努力などによって営業利益が1910億円から2110億円に、経常利益を1520億円から1700億円にそれぞれ上方修正した。

900億円としていた当期純利益も106億円になる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集