【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目
  • 【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目
  • 【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目
  • 【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目
  • 【ルマン07】アウディTDIが連覇、通算7度目
ルマン24時間耐久レースは17日午後3時すぎ、アウディ「R10TDI」を駆るフランク・ビエラ/エマヌエレ・ピッロ/マルコ・ベアナー組が369周でフィニッシュ、総合優勝を獲得して幕を閉じた。

アウディの優勝は通算7度目、ディーゼルスポーツカーのR10TDIは2連覇となる。ビエラ/ピッロ/ベアナーは同じチーム、同じメンバーでの連覇でもある。

2位は、終盤不調を抱えながら10周差でフィニッシュしたプジョー「908HDi」のペドロ・ラミー/ステファン・サラザン/セバスティアン・ブルデ組、3位はさらに1周差で「ペスカローロ・ジッャド」のエマニュエル・コラール/ジャンクリストフ・ブイヨン/ロマン・デュマ組。

序盤からリタイヤの多発する展開。中盤以降、アウディ勢がトップ集団、プジョー勢が2番手集団を形成し、さらにペスカローロ勢が続くが、いずれの陣営からもクラッシュやトラブルによる離脱が相次ぐ。終盤2時間は雨の中の戦いとなりセーフティカーも導入されたが、各チーム完走を目指し、その時点では順位に大きな影響はなかったようだ。

スタートした54台中、25台がリタイヤ、完走は29台だった。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集