JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信
  • JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信
  • JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信
  • JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信
  • JAPAN国際コンテンツフェスティバル、シンボルマークを発表…世界に向け情報発信
12日、JAPAN国際コンテンツフェスティバル実行委員会は、佐藤可士和氏デザインによるフェスティバルのシンボルマークを発表した。

JAPAN国際コンテンツフェスティバルは、ゲーム、アニメーション、映像、音楽など、さまざまなコンテンツを、東京を舞台に世界に向けて発信しようというもので、各分野で実施しているイベントが連携しあうことで、新しい発想と、新しいマーケットを生み出そうというもの。

佐藤可士和氏は、フェスティバルの総合アートディレクションを担当、シンボルマークはその第1弾となる。

シンボルマークは、「Multi Contents Link」をコンセプトとし、あらゆるコンテンツが相互に連携、影響し合いながら新たな可能性を創造していく様を「Contents」の「C」をモチーフに表現している。

JAPAN国際コンテンツフェスティバルのオフィシャルイベントとして、東京ゲームショウ2007をはじめとする12イベントが名を連ねている。

現在のところ会期が9月19日−10月28日と長期間になっているが、近い将来、3年後をめどに会期を凝縮して開催したいとのこと。

JAPAN国際コンテンツフェスティバル
オフィシャルイベント
●東京ゲームショウ2007
●DiGRA 2007
●CEDEC 2007
●Japan Animation Contents Meeting 2007
●ASIAGRAPH 2007
●東京アジア・ミュージックマーケット
●第20回東京国際映画祭
●TIFFCOM 2007
●秋葉原エンタまつり 2007
●ATP賞テレビグランプリ
●第34回「日本賞」教育番組国際コンクール
●東京コンテンツマーケット
《》

編集部おすすめのニュース

特集