顧客情報記録したパソコン9台が盗難に ネッツトヨタ栃木

自動車 社会 社会

ネッツトヨタ栃木(守川正博社長)の栃木店で7日、顧客情報を記録したパソコン9台が事務所荒らしにより盗まれる事件が発生した。

盗まれたパソコンには、損保代理店をしている、あいおい損保、東京海上日動火災保険、日本興亜損保、三井住友海上火災保険の4社、725件分の顧客情報が記録されており、氏名、住所、電話番号、生年月日、保険会社名、証券番号、満期日が記載されていた。

警察に被害届けを出したが、まだ見つかっていない。

損保4社によると、パソコンの起動にはIDとパスワードの入力が必要。現時で顧客情報が不正に使用された事実はない、としている。

保険会社別の件数は三井住友海上が673件、あいおい損保が27件、日本興亜損保が21件、東京海上日動が4件となっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集