交通トラブルから殴られ、意識不明

自動車 社会 社会

5日午後、埼玉県越谷市内の市道で、58歳のトラック運転手の男性が何者かに顔面などを殴打され、意識不明の重体になる事件が起きた。通行を巡る交通トラブルから乱闘になったとの情報もあり、警察が暴行容疑で捜査を開始している。

埼玉県警・越谷署によると、事件が起きたのは5日の午後2時ごろ。越谷市西方付近の市道で「男性同士がトラブルになり、一方が路上に倒れている」という内容の110番通報が寄せられた。現場に急行した同署員が路上で嘔吐したまま倒れている58歳の男性を確認。男性は近くの病院に収容されたが、意識不明の重体となっている。

目撃者の話によると、この男性はトラックの運転手で、直前に自転車に乗った50歳代の男と衝突しそうになり、通行を巡るトラブルとなっていた。口論から殴りあいの乱闘に発展。男性は顔面を殴打されたうえ、路上に倒れこんだ際に頭を強打したとみられている。

警察では交通トラブル起因の暴行事件として捜査を開始。現場から逃走した自転車に乗った男の行方を追っている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集