トヨタ、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破
  • トヨタ、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破
  • トヨタ、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破
  • トヨタ、ハイブリッド車の累計販売台数が100万台を突破
トヨタ自動車は7日、ハイブリッド車の累計販売台数が、本年5月末までに国内と海外を合わせ約104万7000台となり、100万台を突破したと発表した。

トヨタは、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車『プリウス』を発売し、2000年からは北米や欧州など海外でも販売を開始した。

2003年には、エコとパワーを両立した第2世代のハイブリッドシステム「THS II」を2代目プリウスに搭載。その後もミニバン、SUV、さらにはFRセダンなど搭載車種の拡大を図り、現在では日本国内をはじめ、北米を中心に世界で40以上の国・地域で販売を続けている。05年からは中国長春工場で、06年からは米国ケンタッキー工場において海外生産も開始した。

またCO2排出についてのトヨタの試算では、本年4月末までに世界各国で販売したハイブリッド車を、車両サイズおよび動力性能が同等クラスのガソリンエンジン車と比較すると、約350万トンの排出抑制効果があったという。

トヨタは、ハイブリッド搭載モデルのラインアップの倍増を目指すとともに、2010年代の出来るだけ早い時期までに年間100万台販売を実現したいとしている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集