【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
  • 【トヨタ プレミオ/アリオン 新型発表】乗り心地やパッケージングも進化
新型トヨタ『プレミオ』『アリオン』のプラットフォームは、先代モデルに改良を加えて流用しているので、ボディサイズやホイールベースにはとくに大きくはなっていない。だが車内に乗り込んでみると、先代よりも広い。

開発責任者を務めた第2トヨタセンターの日高達郎さんは「新型はインパネの位置を少し前に出し、Aピラーの角度などを変更しているので、室内長は80mm拡大することができました。さらに室内幅も55mm拡大していますので、先代よりも広々とした印象が強まっていると思います」

「また、ボディ剛性を高めるために、ボディ局部に補強を加え、リヤサスペンションブレースの大型化を行なっています。その結果、ボディ側で高い剛性を出すことができたので、サスペンションのブッシュを柔らかくすることが可能となり、乗り心地も改善することができました」という。

先代と同じプラットフォームを用いながらも、ここまでパッケージングを進化させることができればたいしたものだ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集