ルノー、新型 ラグナ の写真公開

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
  • ルノー、新型 ラグナ の写真公開
フランスのルノーは、新型『ラグナ』の詳細を発表した。「ラグナ・ハッチ」と「ラグナ・スポーツツアラー」の2モデルが、9月に開催されるフランクフルトモーターショーで公開される。

欧州での発売は10月を予定しており、価格や仕様の詳細は発売直前に発表される。新型ラグナは、「ルノー・コミットメント2009」において、品質とサービスの両面でトップ3にランクされることをめざしたルノーの戦略車。

新型ラグナは、運転する楽しさ、品質、安全性の3つを重視したエレガントなスタイルを実現した。ラグナ・ハッチは、従来モデルよりも車幅は36mm広く、車長は10mm長く、車高は12mm高いが、重量は15kg軽くなっている。

エンジンは、最大出力が100hpから175hpまで、さまざまなタイプが用意される。新型エンジンは3つ追加される。ディーゼルが1.5リットル「dCi」エンジン(110hp)と2.0リットル「dCi」エンジン(130hp)。ガソリンが、ルノー日産アライアンスにより「M4R」として開発された2.0リットル16Vエンジン(140hp)が追加される。

ギアボックスは6速MTが標準だが、130hpの2.0リットル「dCi」エンジンには、ルノー日産アライアンスで開発された、プロアクティブ6速ATが搭載される。

また、110hpの1.5リットル「dCi」エンジンでは、ルノーの環境イニシアチブ「エコ2」に対応しており、1kmあたりのCO2排出量は136g、燃費は23.6km/リットルを実現している。
《》

編集部おすすめのニュース

特集