ホンダ、中国の輸出工場が累計5万台

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダは、中国の広州汽車集団股有限公司、東風汽車集団股有限公司による輸出用四輪生産合弁会社の本田汽車(中国)有限公司(CHAC)が、稼動開始からの累計生産台数が6月で5万台を達成すると発表した。

CHACは、中国自動車業界初の輸出専用工場として2005年4月から小型乗用車『Jazz』(日本名『フィット』)の量産を開始し、ドイツなどの欧州各国に輸出し、ホンダの欧州現地法人を通して販売している。今年4月に、右ハンドル仕様車の生産を開始し、新たにイギリスにも輸出を開始しており、生産台数は日産200台のフル生産状態となっている。

CHACの金山裕則総経理は「CHACの生産累計が5万台に達した事は、私どもの商品が、クルマに厳しい目を持つ欧州のお客様から評価され、世界の市場で通用することが証明されたと考えている」とコメントしている。

CHACの2006年の生産・輸出実績は2万4600台だったが、2007年は4万2000台を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集