ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ
  • ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ
  • ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ
  • ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ
  • ポルシェ カイエン 26台がシベリア横断ラリーへ
ポルシェAGは、8月2日-8月17日に開催される「トランスシベリアラリー」に26台の「カイエンSトランスシベリア」で参戦すると発表した。

昨年、2台のプライベーターが『カイエンS』で参加し、ワンツー・フィニッシュを飾った。

ポルシェはバイザッハの研究開発センターで過酷な長距離ラリーでの要求にも対応できる特別なモデルとして開発したニューカイエンSで参戦するとしている。

カイエンS トランスシベリアは、カイエンS をベースとして開発した。カイエンSのV型8気筒エンジンの最高出力は385PSのままに、特殊オフロードタイヤ、セーフティケージ、ローギアード化された最終減速比、ロック機構付リアディファレンシャル、大型化したアンダーフロアパネル、フロントアクスルの強化トラックコントロールアームなどを装備する。

トランスシベリアラリーは、8月2日にモスクワをスタートし、シベリア大陸を横断して17日にモンゴルのウランバートルでゴールする。コースの全長は約6200kmに達し、公道、グラベル、過酷な道なき道を通過し、ゴビ砂漠ではスペシャルステージが開催される予定。

ドライバーとしては、ドイツ人ドライバーとしてウォルター・ロールに続いて著名な元WRCチャンピオン、アーミン・シュワルツやパリ・ダカールラリーを3度制覇したレネ・メッジ、オートバイラリーで2度タイトルを獲得しているマルク・コマ、ニュージランドの伝説的ドライバー、ロッド・ミレンが名を連ねる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集