東洋ゴム、環境配慮のチームにタイヤを供給 ニュルブルクリンク24時間レース

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

東洋ゴム工業は、今年6月9日から10日にかけてドイツ・ニュルブルクリンクで開催されるツーリングカー耐久レース「ニュルブルクリンク24時間レース」で、新設される天然ガス、バイオエタノールなどの代替燃料車を対象としたクラスに出場するHEICO SPORTIVにタイヤを供給すると発表した。

HEICO SPORTIVはチューナー、またレーシングチームとして環境に配慮したレースカー作りを行っており、今回トウモロコシ、テンサイ、穀類などから取ったデンプン、糖、植物セルロースを原料とするエタノール85%に通常のガソリン15%を混合したバイオエタノール「E85」を燃料として参戦する。

東洋ゴム工業では、同社の環境に配慮したプロジェクトに積極的に参画することにより、今後も環境問題への取り組みに力を入れたいとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集