ホンダ、自己株式取得終了

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダは、21日に実施した東京証券取引所のToSTNeT-2(終値取引)による自己株式の取得結果を発表した。

同社は資本効率の向上と機動的な資本政策を実施するため、自己株式を取得するとしている。今回のToSTNeT-2で自己株式820万4000株を取得、取得価格は1株につき4160円で、総額341億2864万円。

同社は5月15日の取締役会で、自己株式を上限1000万株、取得総額380億円を上限に買い付けることを決議している。

同社では今回の買い付けで自己株式の取得を終了するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集