フィアットが「盗撮」を奨励? 奇抜なキャンペーン

自動車 ニューモデル 新型車
フィアットが「盗撮」を奨励? 奇抜なキャンペーン
  • フィアットが「盗撮」を奨励? 奇抜なキャンペーン
  • フィアットが「盗撮」を奨励? 奇抜なキャンペーン
  • フィアットが「盗撮」を奨励? 奇抜なキャンペーン
フィアットが新型車の「盗撮」を奨励している。これは新型『500』(チンクエチェント)の発売予告サイト『500 wants you』での話だ。

欧州各地で最終テスト走行中の500を一般人がデジカメや携帯カメラで撮影・投稿するもので、『キミは500を見たか』と題されている。

すでにサイトには、イタリア各地や生産地であるポーランドのほか、スロヴァキア、スウェーデン、オランダ、南アフリカなどで捉えられた写真が、撮影者のメッセージとともにアップされている。

撮影された多くの500は、カタログカラーであるホワイトに覆面が施されたものだが、なかには黄色や赤のボディも見られる。陸送車で輸送中の画像もある。

もともとイタリアでは、トリノのフィアット・ミラフィオーリ工場付近で頻繁に覆面の新型車に遭遇できたり、フェラーリのフィオラーノ・テストコースが金網越しに見られたりと、新型車の「チラ見せ頻度」が高い。しかしながら、それを話題づくりに活用してしまうとは、したたかである。

ちなみに新型スマートも今年冬、発売開始前に『スマートキャラバン』と題して欧州各国を巡るキャンペーンを展開したが、こちらは事前にコースが決まっていたうえ、すでに製品の概要を発表後だった。

フィアットによる前代見門の奇抜なキャンペーン、惜しむべくは投稿者には賞品がなく、いわば掲載の名誉のみであることだ。いっそ、もうひと声ということで「金の500を見つけた人には、新車1台」とかまでやってほしいところである。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集