フタバ産業、期末の配当を2円増配

自動車 ビジネス 企業動向

フタバ産業は、2007年3月期の期末の配当を増配すると発表した。

期末の配当は1株当たり13円を予想していたが、15円に2円増配する。前年同期と比べても2円増配となる予定で、年間配当金は28円となる。

同社の2007年3月期連結決算はトヨタ自動車向けの自動車部品の生産・販売がグローバルで好調だったため、売上高、営業利益ともに2割以上に伸びた。このため、一部を株主に還元する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集