新日鉄、環境に配慮した自動車燃料タンク用鋼板を開発

自動車 ニューモデル 新型車
新日鉄、環境に配慮した自動車燃料タンク用鋼板を開発
  • 新日鉄、環境に配慮した自動車燃料タンク用鋼板を開発
新日本製鉄はこのほど、鉛を使用しない自動車燃料タンク用鋼材『エココート-S』を開発し、実用化に成功した。

エココート-S」は、錫と亜鉛のメッキ層の組織を制御することで耐食性の大幅アップを実現し、地球環境に優しい自動車用燃料として今後利用の拡大が予想されるバイオ燃料へも対応できる。

新日鉄によれば、この鋼板を使った燃料タンクは、樹脂を使った燃料タンクに比べて燃料透過の面でも優れており、北米で規制が強化されつつある燃料透過規制に対しても問題なく使えるという。そのうえ、リサイクル面でも多の素材に比べて非常に優れているそうだ。

同社は現在、大手自動車メーカー各社に評価してもらい、従来材から順次切り替えている。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集