ブリヂストンと日本化学工業が提携 リチウムイオン電池

エコカー 燃費
ブリヂストンは、リチウムイオン電池用電解液不燃剤「ホスライト」の製造・販売権に関し、日本化学工業とライセンス(独占的通常実施権)契約を締結したと発表した。

リチウムイオン電池は、これまで携帯電話やノート型パソコン用として広く普及してきたが、現在ハイブリッド自動車に使用されている「ニッケル水素電池」や電動工具などに使用されている「ニッケルカドミウム(ニッカド)電池」と比較すると高出力かつ小型・軽量化が可能なため、今後のさらなる活用が期待されている。

しかし、リチウムイオン電池の電解液には可燃性の溶媒(溶剤)が用いられているため、過充電や短絡(ショート)などの異常状態で使用されると、破裂や発火の恐れがあることから、安全性の確保が課題となっている。

すでに安全回路を使用するなどして、危険を未然に防ぐ技術が構築されているものの、さらに高い安全性を付与するために本質的な安全策が望まれている。

このため、ブリヂストンは2002年にリチウムイオン電池用電解液不燃剤「ホスライト」を開発した。ホスライトは、リンと窒素を基本骨格とする「ホスファゼン」という物質で構成し、既存の可燃性電解液に5〜10%添加すれば電解液を不燃性にすることが可能となる。

効果は、これまでにサンプルを提供した国内外の電池メーカーからも高い評価を得ているとしている。

ブリヂストンはホスライトを通じて、リチウムイオン電池の安全性向上を図っていく方針で、安定供給のためには、リチウムイオン電池の不燃化技術の開発を長年にわたって共同で行い、各種プラントを保有する日本化学工業とのライセンス契約が最善と判断、今回提携した。

今後、日本化学工業が量産及び供給体制を整備し、2007年中に10トン、その後は「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」に従って年産30−50トンの生産設備の導入を計画している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集