ガソリン小売価格が史上最高値に 米

エコカー 燃費
消費者物価の動向を調査しているトリルビー・ランドバーグ社のレポートによると、5月7日現在の全米のガソリン小売価格平均はガロンあたり3ドル7セント=リッターあたり97.2円となり、先週と比べて20セント上昇。

これは史上最高値で、しかも夏のドライブシーズンを控えた今、ガソリンは更に価格上昇の傾向にある。

全米でもっともガソリン価格が安いのはサウス・カロライナだが、最も高いサンフランシスコではすでに4ドルを超す価格のガソリンスタンドも出現している。

これまでの最高値は2006年8月11日に記録したガロンあたり3ドル3セント。しかしこれは夏休み中のガソリン消費ピークの数字だ。今年はこれを上回ることは確実と見られる。

こうした傾向が続けば消費者のSUV、ピックアップトラック離れはますます顕著になるのは避けられない。同時にエコの観点からも、米ビッグ3にはかつてないほど小型車、エコカーへの取り組みの遅れが指摘されている。

今週は民主党の大統領候補、バラク・オバマ氏が、デトロイトで「アメリカは2020年までに海外への石油依存を20%削減する必要がある。デトロイトはそのための取り組みを充分に行っていない」と演説するなど、プロダクトラインの早急なシフトを訴えた。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集