「ノドが渇いた」と缶ビール片手にを運転

北海道警は5日、北海道札幌市東区内の市道で缶ビールを飲みながらクルマを運転していたとして、33歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕した。追突事故を起こしたことで発覚したが、男は「ノドが渇いたので、コンビニで買って飲んだ」などと話している。

自動車 社会 社会
北海道警は5日、北海道札幌市東区内の市道で缶ビールを飲みながらクルマを運転していたとして、33歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕した。追突事故を起こしたことで発覚したが、男は「ノドが渇いたので、コンビニで買って飲んだ」などと話している。

北海道警・札幌中央署によると、逮捕された男は5日の午前8時45分ごろ、札幌市東区北4条東10丁目付近の市道で飲酒運転を行った疑いがもたれている。現場にはJR函館本線の踏切があるが、男の運転する軽乗用車は降りてきた遮断棹を避けようと漫然とバック。後続のクルマと接触した。

被接触側のクルマの運転者が警察に通報。職務質問の結果として男の飲酒運転が発覚したが、車内には缶ビール6本と缶酎ハイ2本があり、このうちビール4缶の封は切られた状態だった。

男を問い詰めたところ、札幌市内のコンビニエンスストアで購入。クルマを運転しながら飲んでいたことを大筋で認めた。男は「ノドが渇いていた。コンビニに入ったらつい買ってしまい、買ったから飲んだ」と供述しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 個人タクシーの運転手、酒を飲みながら運転 画像 個人タクシーの運転手、酒を飲みながら運転
  • 酎ハイ飲みながらタクシー運転、運転手を逮捕 画像 酎ハイ飲みながらタクシー運転、運転手を逮捕
  • 多重事故の容疑者、酒を飲みながら運転か 画像 多重事故の容疑者、酒を飲みながら運転か
  • 暑いから運転中にビールを…無免許運転も 画像 暑いから運転中にビールを…無免許運転も

特集