ヤマハ、スカラ型ロボット YK をモデルチェンジ

自動車 ニューモデル 新型車

ヤマハ発動機は、社内カンパニーである「IMカンパニー」がスカラ型ロボット『YK』シリーズの「YK700X/YK800X/YK1000X」をフルモデルチェンジし、新たに「YK600XGH/YK700XG/YK800XG/YK900XG/YK1000XG」の5モデルを開発し、3月1日から発売する。

ヤマハスカラ型ロボットは、ロボット取付け部の占有面積がコンパクトな水平多関節型ロボットで、作業の高速化や製造設備の省スペース化などの多様化するユーザーニーズに応える製品として、高精度・高速化・低価格をコンセプトに開発した。

今回のYK600XGH、YK700XG、YK800XG、YK900XG、YK1000XGは、従来のヤマハスカラロボットの特徴を受け継ぎ、新たにスピード性能の向上と低価格化を図ったバリエーションモデルで、今後のスカラ型ロボット市場を拡大していくことが期待される製品としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集