【ホンダ クロスロード 発表】スカルプチュラル・タフ・フォルム

自動車 ニューモデル 新型車

【ホンダ クロスロード 発表】スカルプチュラル・タフ・フォルム
  • 【ホンダ クロスロード 発表】スカルプチュラル・タフ・フォルム
  • 【ホンダ クロスロード 発表】スカルプチュラル・タフ・フォルム
  • 【ホンダ クロスロード 発表】スカルプチュラル・タフ・フォルム
ホンダは22日、新型SUVクロスオーバー、『クロスロード』を発表した。「エクステリアデザインでは、日常で使いやすい手頃なサイズにしながらも、力強い存在感と個性あるデザインを目指しました。そのため四角いモチーフを選びました」と語るのは、本田技術研究所デザイン開発室の所洋介さん。

「『スカルプチュラル・タフ・フォルム』と我々は呼んでいるのですが、粘土を盛っていく塑像的な作り方ではなく、金属の塊から削りだしていく彫刻的な力強い造形です。単なる箱ではなく、張りのある面構成を見てください」

「フルドアにし、深く彫り込んだサイドウィンドウも、塊感や力強さの表現です。フラッシュサーフェイスで綺麗にまとめるのではなく、段差をつけてタフさを出しました」
《松本明彦》

編集部おすすめのニュース

特集