東京マラソン、来年のコースは?

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

好評のうちに第1回の東京マラソンが終了した。東京都庁にある東京マラソン事務局によると、走者3万人、東京大マラソン祭りなどイベント参加者40万人、沿道の見学者138万人の合わせて181万人もの人が、雨で冷え込む都心に集まった。

新宿区の東京都庁から江東区の東京ビッグサイトまで、交通規制は都心を広く覆うにも関わらず、大会当日に受けた苦情やクレームは51件と少なかった。

「生活や仕事に関わる人も多く、当初はもっと多くの連絡が殺到すると思ったが、予想外に少なかった」(大会関係者)というが、中には「この道を通ってもらっては困る」という住民もいた。

職場や生活の拠点を都心に持っている人にとって気になるのは、第二回の東京マラソンはどうなるのかということだ。

当初、東京マラソンは毎年2月第3日曜日に開催するという形でスタートしたが、石原都知事は「もう少し暖かい時期でもいいな」という談話も残した。

「まだ1回目を終了したばかりで、来年の日程については、2月の第3日曜日かどうかも含めて決まっていない。コースの設定についても今回の大会の検証をふまえて一部見直しをかけていくことがあるので、どうなるか未定です」(東京マラソン事務局)

第2回の行方を決定する東京マラソン組織委員会(河野洋平会長)は、遅くとも4月までに開催後はじめての会議を開く。ただ、今回のマラソンコースは、すでに日本陸上競技連盟の公認コースで、次回に向けて国際陸上競技連盟の公認を申請すると見られるため、コースの大幅な変更はないと予測される。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集