トヨタ、名古屋のミッドランドスクエアにショールームをオープン

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は、愛知県名古屋市の「ミッドランドスクエア」に『トヨタ自動車ショールーム』を開設し、ミッドランドスクエアのグランドオープンの3月6日からオープンすると発表した。

トヨタ自動車ショールームは、ミッドランドスクエア内のブランドショップが入居する商業棟と隣接するオフィス棟の1階と2階に位置し、約1320平方メートルのスペース。幅広い年齢層の顧客がクルマの魅力を興味を持って楽しんでもらえるように体感型ショールームとしている。

1階は、先進技術の展示や、映像・パネルなどでトヨタの企業活動を分かりやすく紹介する「トヨタコーポレートゾーン」と床・壁面に光を使った演出により、レクサスの上質な空間、車やサービスを体感できる「レクサスギャラリーMIDLAND SQUARE」で構成する。2階は、様々な生活シーンを写し出す大型ディスプレイを用いた車の展示や、搭載技術を壁面パネルとモニターで分かりやすく紹介する「トヨタブランドゾーン」。

通常は、レクサスブランド車2台、トヨタブランド車5台、計7台の車両を展示しており、商品説明は専任のスタッフが実施する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集