ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
  • ジャガー XKR のクーペとコンバーチブルを日本発売
ジャガー&ランドローバージャパンは、『XK』のフラッグシップモデルのニュー「XKRクーペ/コンバーチブル」を、4月2日から発売すると発表した。

ニューXKRはジャガーブランドフィロソフィーである「美しく、速いクルマ」の具現化を目指し、ニューXKをベースにスポーティング・ラグジュアリーGTのコンセプトをさらに強化した。

426ps/560N・mを発揮するV型8気筒4.2リッタースーパーチャージドエンジンは、新たにツインエアインレットを採用し、可変インレットカムシャフトタイミングとの組み合わせにより、低回転からトップエンドまでの全回転域で強大なパワーを発揮する。また、加速中のV8サウンドが妨げられないようにスーパーチャージャーの作動音を低減し、新たに電子制御によるアクティブエグゾ—ストシステムによって洗練されたスポーツカーサウンドを奏でながら排気効率の向上を図った。

クラス最軽量で最高水準のボディ剛性を実現したアルミニウムモノコックボディを基本とし、強化サスペンションを採用して、先代モデル比でフロントコイルスプリングを38%、リアを24%強化した。改良型CATS(2ステージのアダプティブダンピングシステム)、ストッピングパワーを向上したブレーキユニットも採用した。様々な道路状況で最適な走行性能を実現するTracDSC機能など強大なエンジンパワーに対応し、最高のドライバビリティーとハンドリング走行安全性を実現する。

XKRではリアダンパータワー間にリアサスペンションブレイスを追加し、シャーシの強度と剛性を高めた。

また、エクステリアデザインは、XKR専用アルミニウムフィニッシュのフロントアッパー/ロワメッシュグリル/トランクフィニッシャー、ボンネットルーバー、アルミニウムフィニッシュサイドパワーベント、ブラックブレーキキャリパー、クワッド(4本出し)エグゾーストパイプなどにより精悍さと躍動感の向上を図った。

インテリアは、ドライバーと助手席乗員のサイドサポート性に優れたXKR専用スポーツレザーシート(10ウエイ電動)、アルミニウムパネル(ウイーブパターン)が装着され、ヘッドレスト、タコメーター、レザーステアリングホイール、ギアシフトノブにはRロゴを配した。

価格はクーペが1330万円、コンバーチブルが1430万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集