ミシュランのトラック用シングルタイヤ、日本向けに初の純正採用

自動車 ニューモデル 新型車

ミシュランのトラック用シングルタイヤ、日本向けに初の純正採用
  • ミシュランのトラック用シングルタイヤ、日本向けに初の純正採用
日本ミシュランタイヤは、 トラック用のシングルタイヤ『X One』(エックスワン)の「XDA HTplus」がケンワースのトラクターヘッド 『T350』に純正装着され、初めて日本の道路を走行することが決定した発表した。

ミシュランのシングルタイヤX Oneはダブルタイヤをシングル化することで、 軽量化による積載量の増加による輸送効率の向上、ユニットとして総幅が縮小されるため、 シャシ設計の自由度が拡大するほか、部品点数も減らせる。 また、タイヤを2本から1本に減らすことによって、廃棄されるタイヤも減り、環境性能も向上する。

ミシュランのシングルタイヤX Oneは、北米で2000年から、ヨーロッパで2003年から、オーストラリアで2005年から、マレーシアで2006年から、販売している。日本のミシュランX Oneは、駆動軸用のXDA HTplus 455/55 R22.5とトレーラー用の XTE455/55R22.5の2パターンで提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集