レクサスのデザインをミラノデザインウィークに出展

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

トヨタ自動車は、4月にイタリアのミラノで開かれる世界最大のデザインエキジビション「ミラノデザインウィ−ク」で、レクサスのデザイン・フィロソフィ「L-finesse 先鋭-精妙の美」をテーマとしたアートエキジビション「Lexus L-finesse - Invisible Garden - 」を開催すると発表した。

今回のエキジビションでは、革新的でエレガントな建築を追求する乾久美子氏をコラボレーションアーティストに起用する。

イタリア・ミラノ市内のトルトーナ地区の会場を舞台に、日常と非日常の融合をその情景のテーマに設定。今春に発売予定のレクサスのフラッグシップセダンのハイブリッドカー『LS600h』をモチーフとした造形モデルや、乾久美子氏にとって初めてのプロダクト作品となる『ノハラ』、アーティスト平川紀道氏による、人の動きに反応するインタラクティブな映像作品が一体となって完成されるダイナミックな空間デザインで、L-finesseの世界観を表現する予定だ。

同社では、レクサスがアーティストと領域を越えてL-finesseのメッセージを探求していくことが、既成概念を超えた新しいプレミアムの基準を生み出していくとの考えから、ミラノデザインウィークに開催する。同社は2005年からアートエキジビションを実施しており、今回が3回目の出展となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集