スズキ、インドで四輪車、エンジン、二輪車の工場の開所式

自動車 ビジネス 企業動向

スズキ、インドで四輪車、エンジン、二輪車の工場の開所式
  • スズキ、インドで四輪車、エンジン、二輪車の工場の開所式
  • スズキ、インドで四輪車、エンジン、二輪車の工場の開所式
スズキは、インドのハリアナ州マネサールで、四輪車生産・販売子会社のマルチ・ウドヨグ社、エンジン製造子会社のスズキ・パワートレイン・インディア社、二輪車生産・販売子会社のスズキ・モーターサイクル・インディア社3社の新工場の開所式を実施した。

3社の新工場での生産がそれぞれ軌道に乗ったことを機会に、ブピンダー・シン・フッダ・ハリアナ州首相、榎泰邦インド国駐箚特命全権大使などの来賓を迎え、スズキの鈴木修会長、マルチのカッタール社長らが出席し、マネサール工場で開所式を行った。
 
マルチ・ウドヨグ社 のマネサール新工場は、成長を続けるインド自動車市場に対応し、さらなる生産規模の拡大を図るため、2004年9月に建設を決定したもの。マネサール新工場は当初年10万台の生産を予定し、2009年度には年30万台を生産する計画だ。マネサール新工場の稼動により、マルチは現在の年間生産能力63万台が、2009年度には96万台に拡大するとともに、今後新機種をタイムリーに投入していく計画だ。
 
スズキ・パワートレイン・インディア社のマネサール・エンジン新工場は、マルチのマネサール新工場に隣接する敷地に自動車のエンジン生産工場をマルチとは別会社として設立した。イタリア・フィアットオート社からのライセンス供与を受け、インド市場で全体の3割を占めるディーゼルエンジンを生産する。当初年10万基のディーゼルエンジンの生産を計画している。
 
また、スズキ・モーターサイクル・インディア社のグルガオン新工場は、750万台に達する規模に成長したインドの二輪車市場での拡販を図るため、2006年3月からグルガオンの新工場にて稼動を開始している。現在125ccの二輪車2仕様を生産している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集