犯人、銃撃後バイク乗り捨て逃走---西麻布銃撃事件

自動車 社会 社会

東京都港区西麻布4の六本木通り上で、5日午前10時11分に殺された被害者は、指定暴力団住吉会系の杉浦良一幹部(43)であることがわかった。

警視庁の発表によると、被害者は歩道上から窓ガラス越しに撃たれた。犯人は拳銃3発を発射し、そのうち2発が被害者の左上腕部と左けんこう骨に当たり、後部座席で死亡した。運転者と助手席の男性は無事だった。

犯人は2人組でバイクでやってきて、ヘルメットをかぶったまま襲撃した模様。犯行後にバイクを乗り捨てて逃走した。現場近くの路上にはバイクと拳銃1丁が残っていた。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集