ランボルギーニ ガヤルド、累計生産5000台を達成

自動車 ビジネス 企業動向

ランボルギーニ ガヤルド、累計生産5000台を達成
  • ランボルギーニ ガヤルド、累計生産5000台を達成
1月22日、5000台目のランボルギーニ『ガヤルド』がイタリア、サンタアガタ・ボロネーゼの生産ラインを離れた。ガヤルドは、ランボルギーニ史上最も販売されたモデルとなっている。

ガヤルドは2003年に市場に投入され、05年11月に生産累計3000台を達成し、06年の1年間で2087台という年間生産記録を打ち立てた。5000台目となるブラックのガヤルド・クーペは、英国の顧客に納車される予定だ。

社長兼CEOのステファン・ヴィンケルマンは「5000台のガヤルドを生産したということは、当社のV型10気筒エンジンに対する需要と、その品質の高さを立証している」と語る。

V10エンジンは520PS(382kW)を発生し、ガヤルド・クーペの最高速度は315km/h、0-100km/h加速は4.0秒となっている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集