ダイハツ工業、紛失した個人情報入りの携帯電話発見

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業は、紛失した社用携帯電話が発見されたと発表した。

同社では、2006年12月27日午前9時頃、個人情報(氏名+私用携帯電話番号)をメモリー登録した社用携帯電話の紛失が発覚した。この携帯電話は同日午前10時30分頃、発見され、発見者が豊中警察署に届け出、その後、警察が携帯電話会社に連絡して2007年1月11日に携帯電話会社が同社に発見された旨を連絡してきた。

流出件数は、当初最大30件と公表していたが、発見後確認し、25件であったことが判明した。現時点で悪用などの情報は無いとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集