【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
  • 【三菱 デリカD:5 発表】デリカでしか味わえないインテリア
三菱自動車から発売された『デリカD:5』のインテリアもまた、エクステリア同様にデリカらしい力強さに包まれている。

デリカD:5の開発を取りまとめた、商品開発プロジェクトマネージャーの山本弘毅さんは「デリカD:5のインテリアは、現在のミニバンにも負けない使い勝手のよさと、優れた居住性を追求して作り込んでいますが、デリカらしい演出も忘れてはいません」

「シフトは扱いやすいインパネシフトを採用していますが、マニュアルのようなレバーを採用して操作性を高めています。センターパネルは高級オーディオを思わせる、高い質感を持たせています」

「また、室内は骨格として採用しているリブボーンフレームの構造を、あえてそれをわかりやすくデザインすることで、乗る方すべてが高い安心感を得られると思います。ミニバンでありながら、このような骨太感を強調したインテリアは、デリカD:5でしか味わえないものだと思います」とコメント。

実際にデリカD:5のインテリアは、力強さを強調するようなデザインが多く取り入れられ、乗員が頑丈な殻に守られているような印象を与えてくれる。それでいながら、使い勝手に関しては、初めて操作しても違和感のない、優れた操作性を実現している。インテリアでの独得のタッチもデリカD:5の大きな魅力だ。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

特集