飲酒と無免許の発覚を恐れて逃走の少年、緊急逮捕

自動車 社会 社会

26日夜、神奈川県三浦市内の県道で、道路を横断していた女性2人が右折進行してきたクルマにはねられた。2人は軽傷を負ったが、クルマは逃走。警察は後に出頭してきた17歳の少年を業務上過失傷害や道路交通法違反容疑で緊急逮捕している。

神奈川県警・三浦署によると、事故が起きたのは26日の午後8時ごろ。三浦市栄町付近の県道を47歳と19歳の女性が横断していたところ、右折進入してきたクルマが2人を次々とはねた。2人は転倒した際に背中や腰などを打撲する軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走。警察では軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始した。

事故から約1時間後の同日午後9時ごろ、同署に17歳の少年が両親に連れられて出頭。ひき逃げを行ったことを大筋で認めたため、警察ではこの少年を業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ、無免許)容疑で緊急逮捕している。

少年は父親が所有する軽乗用車を無断で運転。さらには事故直前に缶酎ハイ1本を飲んでいたという。調べに対しては「酒を飲んでいたし、無免許なので逃げた」と話している。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品