NITTO、国内市販用タイヤを5.5%値上げ

自動車 社会 社会

東洋ゴム工業は、国内タイヤ販売子会社であるニットージャパンが国内市販用タイヤの出荷価格を値上げすると発表した。

タイヤ原材料である天然ゴムや合成ゴム・カーボンブラック・各種配合剤などの石油化学系原材料の価格は、一時期の高水準を下回っているものの依然として高値圏にて推移をしており、ニットージャパンでは、これら原料価格の上昇による影響を吸収するため、今後も生産性の向上、コスト合理化活動に継続して取り組むものの、それのみでは限界があると判断、値上げを決めたとしている。

今回、国内市販用NITTOの乗用車用タイヤの出荷価格を5.5%引き上げる。値上げは2月1日から。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集