富士重、電動機分野に参入 充電式草刈機を開発

自動車 ニューモデル 新型車

富士重工業は、スバル充電式草刈機『eカッターPRO』を開発、富士重工産機販売を通じて2月1日から国内で販売開始すると発表した。

新型草刈機は、富士重が開発した草刈に最適な高性能ブラシレスモーターと、1時間で急速充電が可能な大容量マンガンリチウムイオン電池を装着した充電式草刈機。フル充電時に、エンジン式草刈機の燃料タンク容量に応じて1回当たりの稼働時間と同等の45分間の連続運転が可能だ。

電動式なため、エンジン式と比べて排出ガスを排出しないため、環境性能が高く、使用場所、時間を選ばない高い静粛性を実現、振動が少なく、作業者への負担も軽く、ランニングコストも低い。

富士重では、産業機械として汎用エンジンを販売しているが、今回新たに電動機にも進出、事業の拡大・発展を目指す。

価格は11万3400円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集