高知ICの一般レーンに不正通行防止用開閉バー

自動車 テクノロジー ITS

NEXCO西日本(西日本高速道路)によると、高知自動車道・高知ICの料金所にある一般レーンに不正通行防止用開閉バーを設置し、2月1日から運用を開始する。ドライバーが料金を払い、領収書を料金収受員が渡すと、収受員が開閉バーを開く形になっている。

一般レーンを使う際、料金収受員から領収書を貰ってから走り出してほしいと、NEXCO西日本では注意を呼びかけている。もし、領収書を貰わずに走り出した場合、開閉バーにぶつかる可能性がある。

ETCレーンでは当たり前になった不正防止開閉バーだが、一般レーンでもこれがなければ、強行突破の可能性はあるはず。今回の設置で、一般レーンにおける不正通行がどれだけ防げるか、統計がほしいところだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集