大矢アキオ『喰いすぎ注意』…ウチのキッチン、美女天国

自動車 社会 社会

1
木村拓哉、いつかはクラウン

日本車には、長年イメージキャラクターなるものが存在する。神話的なものは日産『セドリック』の二谷英明夫妻、同『ブルーバード』の加山雄三であろう。

近年では、木村拓哉が初代トヨタ『RAV4』→新型『カローラ』へとステップアップしながらトヨタ車の顔を務めている。「あと10ン年すると工藤静香とともに、往年の山村聡&吉永小百合コンビの如く『クラウン』のイメキャラになる」というのが、ボクの大予言である。

イタリアやフランスは? というと、日本と比べて有名人を車CMに起用することは少ない。

個人的に過去10年で印象に残っているものといえば、1997年シトロエン『クサラ』のクラウディア・シェーファー、99年ランチア『リブラ』のハリソン・フォード、2000年アルファロメオ『156スポーツワゴン』のキャスリーン・ゼータ・ジョーンズ、最近のフィアット『イデア』のジョージ・クルーニーあたりである。

さらにこちらでは、スターの出演は1モデルサイクルのみで、それも全期間に亘っては起用されない。高額なギャラから考えれば当然なのだろうが、そのためRAV4=キムタクといったイメージの関連づけが人々の脳裏に残ることは稀である。

いっぽうイタリアやフランスで長年継続しているキャラクターがある。食品のパッケージや酒類のラベルに印刷された「美人画」である。

日本における食品パッケージ女性といえば、即座に『ボンカレー』の外箱に刷られた、ほのぼのとした松山容子の着物姿を思い出す(数年前、松坂慶子にバトンタッチした)。対して伊仏のそれは、限りなく妖艶である。
《大矢アキオ》

編集部おすすめのニュース

特集