道を尋ねるふりをして高齢者の所持品を奪う

自動車 社会 社会

愛知県警は17日、クルマで高齢者に接近し、道を尋ねるふりをして所持品を奪い、そのまま逃走するという手口を繰り返していたとして、27歳の男ら元暴走族メンバーの男女5人を窃盗容疑で逮捕した。5人は容疑を大筋で認めているという。

愛知県警・西署によると、この5人は共謀し、2006年11月28日の午後、春日井市味美白山町付近の市道を歩いていた85歳の女性から現金約3万円の入ったバッグを奪った疑いがもたれている。

5人はターゲットとなる高齢者を発見すると、背後からクルマで接近。メンバーの25歳の女、あるいは17歳の少女が道を尋ねるふりをして接近。隙をみて所持品を奪い、そのままクルマで逃走していた。

愛知県内では同様の事件が相次いで発生しており、警察ではこの5人が関与した可能性もあるとして、余罪についても厳しく追及している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集