日本興亜損保の格付けを引き上げ…ムーディーズ

自動車 ビジネス 企業動向

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは18日、日本興亜損害保険の保険財務格付けをA2からA1に引き上げた。

今回の格上げは、2006年10月12日以来の見直しの結論で、国内損害保険市場5位の規模を誇る同社の過去数年間の業績動向、今後の業績を支えるであろう販売チャネルの強化を考慮した結果だ。

正味収入保険料ベースで9%を上回る市場シェアを占める同社は、代理店網の合理化を行うとともに、損害保険商品の販売チャネルとして生命保険会社や銀行との関係を強化している。ムーディーズはこのような取り組むが同社の収益性を支えていくものと判断した。

また、同社の事業ポートフォリオは国内および自動車保険に大きく集中しているが、自動車保険は価格設定におけるミスプライスが比較的起こりにくい保険商品であるため、当該分野の比率が高いことは同社の信用力においてプラスの要因として織り込まれた。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集