損保ジャパンと日本興亜、スマホ用新アプリ「ほけんアプリ」を共同開発して提供開始

自動車 ビジネス 企業動向

「ほけんアプリ」のイメージ
  • 「ほけんアプリ」のイメージ
損害保険ジャパン、日本興亜損害保険は、顧客の保険に関する利便性の向上と顧客に安心を提供するため、スマートフォン用新アプリ「ほけんアプリ」を共同開発し、無料で提供を開始した。

「ほけんアプリ」は「安心とつながろう~いつもともしもの家族の安心~」をコンセプトに、代理店連絡や事故・トラブル連絡、契約一覧など、保険に関する情報をまとめて携帯できる。

契約情報をいつでも確認でき、どこでも代理店や保険会社に連絡できるようにすることで、顧客の利便性向上と顧客に安心を提供することを目的に共同開発した。

損保ジャパン、日本興亜は、今後も安心・満足につながる高品質な商品やサービスを提供していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集