ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
  • ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
  • ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
  • ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
  • ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
  • ホンダ、スマートDio のカラーリングを変更
ホンダは、原付スクーター『スマートDio』と上級モデルである『スマートDioデラックス』のカラーリングを変更し、22日から発売した。

今回、スマートDioには、「パールシーシェルホワイト」と、落ち着きのある「キャンディールビジウムレッド」の2色を新たに設定した。好評の「フォースシルバーメタリック」は、サイドとアンダーのカバーにフロアと同色のブラックを採用することでツートーンのカラーリングとしている。スマートDioは、この3色に現行タイプで高級感のある「ベガブラックメタリック」を加え合計4色のカラーリング設定とする。

またスマートDioデラックスは、フロントディスクブレーキと環境に配慮したアイドルストップ・システムを標準装備し、高質感のある新色の「ヘビーグレーメタリック」1色のカラーリング設定としている。

価格はスマートDioが16万8000円、スマートDioデラックスが18万9000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集