小倉クラッチ、固定価格取引で、自己株式を取得へ

自動車 ビジネス 企業動向

小倉クラッチは、17日開催の取締役会で、自己株式を取得することを決議したと発表した。

自己株式の取得は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するためと、している。

取得する自己株式は上限50万株で、発行済株式数に対する割合は3.22%となる。取得総額は上限3億3000万円。

同社は自己株式を取得するため、18日に固定価格取引を行う。17日の終値660円で、自己株式の買い付け委託を行う。

同社の昨年末現在の自己株式の保有状況は、4万7244株。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集